アメリカ 中国 コロナ 戦争。 WEB特集 アメリカと中国 パンデミック下の暗闘

怒り心頭、米国防省が中国包囲作戦を策定中 新型コロナで「白頭鷲」を撃った中国、米国と全面対決へ(1/7)

中国 戦争 アメリカ コロナ

我々に突き付けられている当面の課題は、世界大恐慌にどう対応するかという課題です。

19

戦争こそアメリカの景気対策。軍産複合体は「中国」に的を絞った=鈴木傾城

中国 戦争 アメリカ コロナ

結論は,アメリカと中国の経済戦争はさらに激化するが,直接的な軍事戦争は生じない。

4

アメリカと中国 パンデミック下の暗闘②|アメリカ大統領選挙2020|NHK NEWS WEB

中国 戦争 アメリカ コロナ

中東(イラン,シリアなど),北朝鮮,ベネズエラなどの地域・国が危ない地域だと考えており,これらの国を舞台にアメリカと中国の代理戦争が行われる可能性が十分にあると考えています。 【軍事力,経済力,文化的な影響の上位5ヵ国】 2の国 備考 1500年代 16世紀 ポルトガル スペイン ・大航海時代 海運の争い ・航海技術の向上 1600年代 17世紀 オランダ イギリス ・大航海時代 海運の争い 1700~1800年代 18~19世紀 イギリス フランス,ドイツ 時期により異なる ・産業革命 1900年代 20世紀 アメリカ 中国 ・IT技術の進化 2000年代 21世紀 中国 ロシア?ドイツ? 現時点で不明 ・AI技術の進化,5Gの誕生 ・一帯一路等のインフラ整備の推進 それぞれの時代の世界覇権国の変遷について,その概要をみていきましょう。

12

コロナ騒ぎの仕掛け人は、中国とロスチャ。狙いは、アメリカ経済の崩壊(るいネット)

中国 戦争 アメリカ コロナ

致命的な弱点とは海上交通路を用いた食料輸入。

5

新型コロナの収束で始まる、「米中全面対決」の危険性

中国 戦争 アメリカ コロナ

将来の米中関係を考えるうえで,一読する価値のある本だと思います。

6

WEB特集 アメリカと中国 パンデミック下の暗闘

中国 戦争 アメリカ コロナ

中国とロスチャの仕掛けによるサンダースの大統領就任は象徴であって、そのようにして彼らはアメリカの政治家を次々と抱き込んでいくはずです。 自艦隊が敵艦隊を撃破することで目的である制海権を獲得する。 中国の勢力拡大 2020年4月現在、中国は、自国内の「新型コロナウイルス」感染は落ち着いたとして、いち早く経済活動を再開していますので、輸出が好調のようです。

3