わが た ぼん。 我谷盆展 森口信一と風谷の作り手たち

我谷盆(わがたぼん)[静岡市葵区]|アットエス

た ぼん わが

人間国宝 黒田辰秋氏は我谷盆を以下のように紹介しています。 我谷盆は、石川県の旧 我谷村 わがたにむら)で、江戸時代初期以来、生活具として作られた木地盆で、材は主として栗を用いられ、のみで縁まわりをくりだし、底には丸のみの平行線を刻み付けているところが特色のお盆と言われています。

12

我谷盆(5寸) / さしものかぐ たかはし

た ぼん わが

日常使いの箸とスプーンと箸置きを入れる寸法でつくりました。 コースターとなった栗の木も、新しい居場所で一息ついている頃でしょう。 裏は平らに仕上げてありますが、手で触ると少し凹凸を感じられる程度に敢えて留めてあります。

11

君こそわが命

た ぼん わが

その時、私も木の器を作っていることをお伝えすると、在廊されていた森口さんから、我谷盆の使われていた歴史的背景や、作り方、漆の塗り方などを詳しく教えていただきました。 失われていくものと継がれていくものに思いを馳せながら、庶民の生活の中で機能性と制作性がブラッシュアップされた生活雑器の深みを感じてみて下さい。 この我谷盆は、へぎ板のうねり部分を外形と縁の高さに残したタイプの作品です。

19

栗の木で我谷盆を彫る

た ぼん わが

住所 〒420-0949 静岡市葵区与一5丁目21-28-3• 最後の写真はA4サイズの黒い紙と一緒に撮ったもの。

我谷盆(わがたぼん)へぎ板作品カトラリーサイズ約260×130×30

た ぼん わが

また、魚の棚や 明石公園、天文科学館など市の代表的な名所も、景観の良いところ として親しまれています。 会場 器のギャラリー光(こう)• - シングル『杉良太郎の君こそわが命』収録(2006年、テイチクレコード)• 我谷盆は、(基本的に栗の)丸太を木目に添って薪割りみたいに割って板をつくります。

栗の木で我谷盆を彫る

た ぼん わが

常に手元に置いて、お茶の時間や、ちょっとした食事にも使っては磨き、木味を育てて楽しみたいお盆です。

19

我谷盆(わがたぼん)へぎ板作品カトラリーサイズ約260×130×30

た ぼん わが

(京都、川口美術・我谷盆賛DMより)」(毎年開催されており、出品参加) 我谷盆は、グリーンウッドワークといって、生木の木工です。

10

うつわ穂垂|web shop|川合優|我谷盆(栗・無塗装)

た ぼん わが

但しこのカムバックも長続きはせず、相変わらず水原の酒浸りに頼った生活に更生する事は無かった。

2