G ガール 映画。 Gガール 破壊的な彼女 (2006)|シネマトゥデイ

Gガール/破壊的な彼女 の レビュー・評価・クチコミ・感想

ガール 映画 g

でも、GガールのGってなんでしょうね。 でも彼女って何だか妙なんだよな。

14

Girl ガール : 作品情報

ガール 映画 g

そこで彼女のバッグが盗まれ、引ったくりを追いかけバッグを取り返したマットはそれが縁でジェニーと付き合うようになる。 ジェニー・ジョンソン(ユマ・サーマン)は真四角くろぶちメガネの冴えないOLか図書館司書風。 そんなある日、マットはベッドラム教授に捕らわれる。

19

Gガール

ガール 映画 g

かくして男は、 世界でもっとも恐ろしい元カノから逃げるという、恐怖の修羅場を体験するハメになるわけだ。

超映画批評『Gガール 破壊的な彼女』75点(100点満点中)

ガール 映画 g

その後いろいろあったけど、無事に交際が始まりました。

19

Gガール 破壊的な彼女

ガール 映画 g

ララの周りには、トランスジェンダーに理解のある人々が比較的存在しているけれど、ララにとっては、「穏やかに成長を見守る」大人たちが「傍観者」に見えてしまっていたり、ホルモン治療の弊害で情緒が不安定になり、さらに思春期という時期も重なり極端な行動をとってしまう。 作中、まるで何人もの俳優が演じているかのように、彼女の姿が違って見えました。 トランスジェンダー(LGBTの「T」にあたり、一般的に性自認と身体的性が一致していない方全般を表す言葉)という、自分が「男なのか女なのか」という葛藤が、事細かに描かれている印象でした。

5

Gガール 破壊的な彼女

ガール 映画 g

さて、ここまでなら「スーパーマン」の男女入れ替え版といった趣だが、このあとの展開が凄い。 ベッドの中では、自分の思うように相手をコントロールしましよう。 その時にはなぜか現れなかったGガールは朝になってから窓からジョーズを放り込む。

16

超映画批評『Gガール 破壊的な彼女』75点(100点満点中)

ガール 映画 g

それほど、多くの方々が同じように苦しんでいるのでしょうか。 男性の体にうまれたトランスジェンダーのララは、バレリーナになることが夢で、強い意志と才能、そして血がにじむような努力で、難関とされるバレエ学校への入学を認められる。

3

スーパーヒロインも普通の女子|Gガール 破壊的な彼女

ガール 映画 g

彼女はとても美しく、それがあまりにも見ていて切なく、辛かった。 せめて映画の中では救いで終わってほしかった。 ヴォーン・ヘイジ(レイン・ウィルソン) マットの同僚であり、親友。

2