コロナ インターンシップ。 【コロナ禍時代の採用】2022卒インターンシップ【NO.202】

22年卒インターンシップは狭き門に!コロナ禍で企業の採用激減

インターンシップ コロナ

ブッキングしてしまったり、大学の勉強に支障が出てしまったりしないよう、必要なものにだけエントリーするようにしましょう。

5

新型コロナで早期化する就活 22卒向けインターンも開始|NHK就活応援ニュースゼミ

インターンシップ コロナ

一見よいことのように見えますが、いくつも参加できることで、かえって自分が本当にやりたい仕事や適性などがわからなくなってしまうことがあるかもしれません。

コロナ禍の就活、インターンシップに不安を抱える学生がやるべきコト(佐藤裕)

インターンシップ コロナ

OfferBoxを運営する株式会社i-plugで実際にオンラインインターンシップを開催しましたので、実例をご紹介します! 募集要項 ・募集内容 :営業体験インターン 新卒オファー型就活サイトOfferBoxの企業向け営業(オンラインでの営業) 企業の採用担当と新卒採用について打ち合わせを行います(採用活動の課題、施策など) ・期間 :スポットインターン (2020年7月中に数回実施) ・メリット :採用担当者への営業活動を経験することで、 採用状況や計画、採用者の感情を知ることができます。 その中で、2022年卒のオンラインインターンを実施している企業は、すでに2021年卒の採用がうまくいったうえで、2022年卒の採用活動を開始しているということになります。

「コロナ インターンシップ」に関する就職準備・インターンシップ・ワンデー仕事体験情報ーマイナビ2022

インターンシップ コロナ

このような状況で就活のネタになるようなことといえば、資格を取る事と考える人も多いはず! しかし、この状況なら皆が同じことを考えるため、他の就活生に対する差別化点としては弱いのではないかと思います。 定期的に、オンラインインターンの情報収集をしましょう。

8

22年卒インターンシップは狭き門に!コロナ禍で企業の採用激減

インターンシップ コロナ

特にコロナ禍では多くの社会人がSNS上で若者支援を積極的に実施しているが就活生からは、 「若手社会人は自分の経験ばかりで客観性がない」 「最前線の理解のない社会人と相談をしたので余計に混乱した」 「採用支援のビジネスに繋げられた」 などの声も上がっていて、就活生は 本当に誰からどのような情報が得られるかがわからないのが現実だ。 そして、今回の就職活動では、「企業とのリアル接点が減る」ことはほぼ確定的です。 2022年卒のみなさんは、「何をやるかわからない…」「先輩も経験がないから聞く人がいない」と不安を感じているのではないでしょうか? そこで、OfferBoxを運営する株式会社i-plug(アイプラグ)で、オンラインインターンシップを企画し、実際に学生さんに参加いただきました! このコラムから、オンラインインターンシップとはどんなことをするのか、何が学べるのかを感じとっていただければと思います。

10

【インターン生ブログ】第六弾 コロナ禍における長期インターンシップのメリットとは?①|株式会社SYNTH

インターンシップ コロナ

新型コロナウイルスの収束が見えないことから、オンラインインターンを実施する企業は増えることが予想されます。 ポイントになるのは 『採用の利害のない、就職市場のスペシャリスト、マーケター』から良いも悪いも正しい情報を得るということが今出来る唯一の行動であり勝負のカギになる。

15