地震 情報。 地震情報:朝日新聞デジタル

南海トラフ巨大地震 臨時情報が出た時の行動は?|日本列島 どこで何が起きるのか|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB

情報 地震

その後、巨大地震に結びついたとする事例は確認されていませんが、平成23年(2011)に東日本大震災をもたらした東北沖の巨大地震の2日前には同じ震源域でマグニチュード7. 初動であるP波の方が速く伝わりますが、後から伝わってくる主要動のS波の方が揺れが大きく、主に被害をもたらすことになります。 「南海トラフ地震に関連する情報」の種類及び発表条件 「南海トラフ地震に関連する情報」は、以下の2種類の情報名で発表します。 避難の期間は「1週間」としています。

地震情報:朝日新聞デジタル

情報 地震

気象庁による地震動の予報及び警報の実施 気象庁は、発生した断層運動による地震動(以下では単に「地震動」といいます。 計画では臨時情報が発表されるケースを3つに分けて、それぞれの防災対応を示しています。

9

過去の地震情報 (日付の新しい順)

情報 地震

南海トラフ地震臨時情報 気象庁は、南海トラフ巨大地震が発生する可能性が、ふだんと比べて高まったと評価された場合に「南海トラフ地震臨時情報」を発表します。 気象庁以外の者による地震動の警報の制限 気象庁以外の者は、地震動の警報をしてはなりません。 地震動の警報の伝達 気象庁は地震動の警報をした場合、直ちに政令で指定された機関(現在は日本放送協会になります。

リアルタイム震度(強震モニタ)

情報 地震

8倍に設定。 気象庁は、 予想される現象が特に異常であるため重大な災害の起こるおそれが著しく大きい場合として気象庁が定める基準に該当する場合に、その旨を示して地震動の一般に利用に適合する警報(「特別警報」のことです。

4

過去の地震情報 震度5弱以上(日付の新しい順)

情報 地震

なお、緊急地震速報(予報)の処理手法等については、[PDF形式: 1,590KB]をご覧ください。 通知された日本放送協会は直ちに警報を放送しなければなりません。

6

リアルタイム震度(強震モニタ)

情報 地震

1件~100件 全29450件 震源地 青森県東方沖 M3. 具体的には、 レベル1:平常時のデータのゆらぎの中の1年に1~2回現れる程度の値に設定。 そのうえで、先に起きた地震の被災地を支援するためにも企業活動を著しく制限せず、地震に備えつつ通常の社会活動をできるだけ維持することが必要だとしています。 またリアルタイムに観測データを処理しているため、ノイズや機器障害により色が変化する場合もあります。

13

南海トラフ巨大地震 臨時情報が出た時の行動は?|日本列島 どこで何が起きるのか|災害列島 命を守る情報サイト|NHK NEWS WEB

情報 地震

この場合の防災対応は「避難場所や家具の固定を確かめるなど、日頃からの備えを再確認する」です。 南海トラフの震源域の半分程度がずれ動くマグニチュード8クラスの地震が起きたあと、残りの震源域で巨大地震が発生した事例は過去にも確認されています。 掲載した日々の報告の無断転載を禁じます。

14