ミラン 対 インテル。 インテル対ミラン。ミラノダービーから学んだ4つのこと(2020年2月12日)|BIGLOBEニュース

【セリエA23節】ミラン対インテル|キラウエア |note

インテル ミラン 対

ハーフラインよりやや自陣に入ったあたりで5人のMFが守備の網を広げ、高い位置を取った最終ラインと共同して相手ボールを絡めとる。 【写真:Getty Images】 ミランとインテルによるミラノダービーが「首位攻防戦」という形で行われるのは実に10年ぶりのことだったという。

14

ミラン対インテル「この10年で最重要のミラノダービー」で世界最恐「ラウカク」爆発(サッカー批評Web)

インテル ミラン 対

2019年9月22日に行われたミラン対インテルは、0-2でネラッズーリ(インテルの愛称)の勝利となった。 プレスがきつい場合もそうだ。 また、ハカン・チャルハノールもサム・カスティジェホも、仕掛ける場面がたくさんあった。

2

インテル対ミラン:マッチプレヴュー

インテル ミラン 対

ここで勝つか負けるかで、今後の運命は大きく変わりそうだ。 しかし、ミランはここでも屈辱的な敗戦を喫してしまうことになった。 引き分けに終わったのは30試合だ。

インテル対ミラン戦の関連データ

インテル ミラン 対

ロメル・ルカクに単独で深さを作られクロスを上げられると、そこに飛び込んだラウタロ・マルティネスが頭でプッシュ。 ミランの監督になる前も、ラツィオ 、そしてインテルの指導者として、ピオリ監督は様々なダービー戦を迎えてきた。 アクラフ・ハキミは、今季セリエAで既に少なくとも1ゴール1アシスト(ハキミは既に2)を記録している選手の中で最年少の選手だ。

3

ミラノ・ダービーで蘇る「サンシーロ」の記憶(1)3対0勝利のインテル「イタリア・サッカーの真髄」(サッカー批評Web)

インテル ミラン 対

退場処分となり、ピッチを後にするACミランのズラタン・イブラヒモビッチ(左、2021年1月26日撮影)。

4

インテル、首位攻防のミラノダービー制し首位キープ。ミランに3得点快勝で勝ち点差は4に

インテル ミラン 対

エリクセンは初経験となるイタリアで、良いスタートを切ったと言えよう。

13

ã€çµæžœé€Ÿå ±ãƒ»å‹•ç”»ãƒã‚¤ãƒ©ã‚¤ãƒˆã€‘ã‚¤ãƒ³ãƒ†ãƒ«å¯¾ãƒŸãƒ©ãƒ³çµæžœï¼ã‚»ãƒªã‚¨A第4節

インテル ミラン 対

スクデット争いで大きく前進したことは間違いない。 決勝ゴールを喜ぶインテルの選手(2021年1月26日撮影)。

ミラン対インテル「この10年で最重要のミラノダービー」で世界最恐「ラウカク」爆発

インテル ミラン 対

インテルに守りの形を定めさせてしまった。 勝ち点50のインテルと49のミラン、1位vs2位の首位攻防戦となったダービーは、ラウタロ・マルティネスとロメル・ルカクのラウカクコンビが3ゴールを奪いインテルが完勝した。

7

ミランはなぜインテルにボコボコにされたのか。ルカクを恐れ過ぎた主将、浮き彫りとなった脆さとは【分析コラム】

インテル ミラン 対

ハーフラインをわずかに越えたところで縦パスを受けると、そのままスピードとパワーを生かしたドリブルで持ち込んで、ゴール左下隅にコントロールされたシュートを突き刺した。 マルセロ・ブロゾビッチ 写真提供:GettyImages その4:ダービーのスペシャリストはイブラだけではない かつてインテルにも所属していたイブラ(2006〜2009年)が、ダービー戦に強いということは有名な話だ。 ルカクが激怒した理由は「ロバ」を人種差別的な意味として解釈したこと、そして「ブードゥー」というワードにある。