農林 漁業 団体 職員 共済 組合。 厚生年金保険制度及び農林漁業団体職員共済組合制度の統合を図るための農林漁業団体職員共済組合法等を廃止する等の法律の施行に伴う存続組合が支給する特例年金給付等に関する省令の全文・条文

農林水産省共済組合

組合 共済 漁業 農林 職員 団体

第四十五条の六中「百分の二十」を「百分の十九」に、「百分の三十」を「百分の二十八・五」に改める。 旧農林漁業団体職員共済組合の加入期間のある方の遺族年金の手続き 旧農林漁業団体職員共済組合の加入期間のある方の遺族年金の手続き 農林漁業団体職員共済組合は平成14年4月1日に厚生年金保険と統合されました。

19

共済組合

組合 共済 漁業 農林 職員 団体

急逝した松岡公明前理事長から、昨年10月に任を引き継ぎましたが、制度完了に向けて、特例一時金給付の手続きを円滑に進めるための課題が山積しています。

12

農林漁業団体職員共済組合法等の一部を改正する法律

組合 共済 漁業 農林 職員 団体

組合員番号がわかるものがなければ、 氏名 旧姓 ・ 生年月日・ 所属していた団体名などで、調べてくれます。

11

旧農林漁業団体職員共済組合から支給された退職一時金を返還した場合の確定申告について|国税庁

組合 共済 漁業 農林 職員 団体

次項において同じ。

16

共済組合

組合 共済 漁業 農林 職員 団体

一 施行日の前日においてその者が受ける権利を有していた障害共済年金の額(旧農林共済法第四十三条第一項の規定により加給年金額が加算されていたときは、当該加給年金額を控除した額) 二 施行日以後における障害共済年金の額(廃止前農林共済法第四十三条第一項の規定により加給年金額が加算されているときは、当該加給年金額を控除した額) 6 職務等による特例障害共済年金は、その給付事由に係る傷病について、労働基準法(昭和二十二年法律第四十九号)第七十七条の規定による障害補償が行われることとなったときは六年間、労働者災害補償保険法(昭和二十二年法律第五十号)の規定による障害補償年金若しくは傷病補償年金又は障害年金若しくは傷病年金が支給されることとなったときはこれらの保険給付が行われる間、当該職務等による特例障害共済年金の額のうち、その算定の基礎となっている平均給与月額に十二を乗じて得た額の百分の十九(その受給権者の当該傷病による障害の程度が障害等級の一級に該当する場合にあっては、百分の二十八・五)に相当する額(第三項の規定によりその額が算定される特例障害共済年金のうち政令で定める場合に該当して支給されるものにあっては、政令で定める額)の支給を停止する。

18

特例業務負担金

組合 共済 漁業 農林 職員 団体

平成22年4月には、財政改善対策の一環として統合後裁定者を対象とした一時金払い制度を導入しました。 ただし、特例年金給付の全額につき支給が停止されているときは、この限りでない。 確認をスムーズにしてもらえます。

5

特例年金制度の完了について

組合 共済 漁業 農林 職員 団体

附則第九条第一項中「及び附則第十二条の三第七項」を「、附則第十一条の三第一項及び第五項並びに附則第十二条の三第七項」に改め、「障害状態にあるとき」の下に「。 )及び昭和六十年国民年金等改正法附則第三十五条第二項の規定により国民年金の管掌者たる政府が交付する費用については、なお従前の例による。

18

農林漁業団体職員共済組合法

組合 共済 漁業 農林 職員 団体

二 職務上の義務違反があるとき。