平塚 らいてう。 平塚らいてう|ジェンダー,元始、女性は実に太陽であった。

平塚らいてう

らいてう 平塚

「ただ戦争だけを敵」として「(日本国憲法)九条を守り抜く覚悟」を訴え、女性がつくる「いのちの平和」を願ったらいてうのこころざしをうけついで、前に向かって歩いて行きましょう。 『平塚らいてう』編・解説、〈作家の自伝 8〉、1994年10月。 二人のきっかけは、閨秀文学会の回覧誌に平塚らいてうの短編小説『愛の末日』が掲載されたことによる。

17

平塚らいてうとはどんな人?生涯・年表まとめ【名言や功績、作品や出版した青鞜などの雑誌について紹介】

らいてう 平塚

ともあれ、らいてう自身が感じていたのは実は「主婦の閉塞感」に基づく問題であり、またその前提として「子育ては母の手で」という思想が使用されているのも見え、なるほどこれはとても近代的、新中間層としての従来にはなかった問題発生および問題意識であるなぁと思いました。 なお同年9月、が日本ではじめてを紹介しており(「現実教」『太陽』)、そのケイに関心を持ったらいてうが訪ねてきたに話したところ、酔茗から「今さんの処でも其話が出た」と言われたという。

18

平塚らいてう (ひらつからいちょう)とは【ピクシブ百科事典】

らいてう 平塚

紀要第12号に掲載した『戦後日記 1953-58 』の書き起こしについて、各方面からのアドバイスをいただき、訂正と新たに判読できた部分がありましたので、一覧表を作成しました。

14

平塚らいてうとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

らいてう 平塚

1886年にに移り、翌年より1年半にわたり欧米視察。 『元始、女性は太陽であった 平塚らいてう自伝』続(戦後篇)、大月書店、1972年10月。 再生不良性貧血から肺炎を併発し、同居していた娘の美可・美土に看取られ没す。

10

平塚らいてうとはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

らいてう 平塚

孫である何人かの方たちを紹介します。

3

母性保護論争

らいてう 平塚

『金いろの自画像 平塚らいてうことばの花束』編、大月書店、2005年5月。

17

平塚らいてうとは

らいてう 平塚

平塚らいてうの自宅も、小学校時代以来、近くの駒込曙町である。 しかし、らいてうはそのまま婦人運動から遠のいてしまったわけではなかった。 『円窓より』不二出版〈叢書『青鞜』の女たち 第1巻〉、1985年11月、復刻版。

11

平塚らいてう

らいてう 平塚

そのために、一般的でない恋愛や結婚をしてきたのではないでしょうか。

2