五味 太郎。 五味 太郎(著者詳細情報)

五味太郎

太郎 五味

絵本のほかにも書いている。 さらに最後のペ-ジのしかけに「おお-!うまい!」と思いました。

1

巨匠・五味太郎さん。絵本だけにとどまらない、その魅力に迫る

太郎 五味

アメリカ人、日本人もめんどくさい。 工業デザインの世界から絵本の創作活動にはいり、ユニークな作品を数多く発表。 独自の鋭い視点で社会や教育について論じられており、「とにもかくにも心穏やかではない大人たち」「どんなときでもわかったような顔をしていたい大人たち」「よせばいいのにいろいろと教えたがる大人たち」など目次に並ぶ言葉から、ハッとさせられる。

17

五味太郎

太郎 五味

「この前ガルシア=マルケスを読んでて、自分の父親のことを考えるとき自分の息子のように感じることがある、みたいな一節があって、おれも亡くなった親父のこと考えるとき、ほんとにそうだなーってしみじみしたよ」=北村玲奈撮影 十分悩みましょうよ ーー一斉休校や外出自粛など、これまで自由だったことができない状況が生まれていますが、コロナウイルス前から、子どもたちの選択肢を大人が阻んでいたのでしょうか? それは違うと思う。 2019年、『つくえはつくえ』(偕成社)で第50回 など受賞多数。

9

五味太郎とは

太郎 五味

だから、こう見えても、俺、うかつなことは言わないよう気をつけているよ。 「なるほど」とうなずくとか、メモを取るとか。 新型コロナウイルスで社会も大人も「不安定」が渦巻く今、子どもたちにメッセージを届けたいと思って、絵本作家の五味太郎さん(74)にたずねたら、「そもそも、コロナ前は居心地がよかった?」と逆質問されました。

6

五味太郎さん「コロナ前は安定してた?」不安定との向き合い方

太郎 五味

社会に出て20年、30年とたつころには「自分は何をやってきたんだろう」ということになっちゃうんだよね。 金融の話ばかりで。

20

五味太郎さん、不自由さへの直言「自由なんてのは存在しない」

太郎 五味

もちろん、誰も悪意でやってるわけじゃないんだけど、全員座ってじっと先生の話を聞くって、子どもの体質には合ってない。

11

五味太郎さん「コロナ前は安定してた?」不安定との向き合い方

太郎 五味

主な作品 [編集 ] 絵本 [編集 ]• 『だんだんだんだん』• どうぞたっぷり、お楽しみください。 継続は力ってことだよ。

7