ワニ 電通 案件。 『100日後に死ぬワニ』最初から“電通案件”?怒涛のビジネス展開で「ファンを裏切り」

『100日後に死ぬワニ』開始から1年…人気と炎上の顛末を追う

電通 案件 ワニ

地域ごとに、検索されたキーワードの数を調べることができる「グーグルトレンド」によると、ピークを迎えた3月15日~21日の「100日後に死ぬワニ」の検索数を100とすると、約1カ月後の4月12日(連載開始から123日後)~4月18日の検索数は50分の1となっている。 会社の社風を変えることは難しいですが、自分を変えることは、それより簡単です。

17

100日後に死ぬワニが電通案件で炎上?「冷めた」などネットの反応まとめ|LifeNews Media

電通 案件 ワニ

ツイッターのおかげで人工的にブーム作れること確定したな• また、4月1日からは東京・池袋で作品とのコラボカフェ『100 WANI CAFE』がオープンしていたものの、新型コロナウイルス感染対策に伴い、4日以降は休業となってしまいました」(同) そんな中、世間では新型コロナウイルス感染拡大がさらに深刻化し、7日に安倍晋三首相が「緊急事態宣言」を発令。

7

有名雑誌「鬼滅やあつ森は電通が無理やり流行らせただけ。真の流行ったモノはこれ!!」

電通 案件 ワニ

つまりは、作家の、内なる欲求「アーティステック」な熱量によってがんばって連載されてきた作品と、誰もが信じて疑わなかったところが、実は、「ビジネス」のロジックの上にあった連載と思わされてしまったワケだ。 この作品の結末はどうなるのか。 ようはネットでの展開においては、大資本よりも、個人の才覚が勝つことが多い。

13

有吉弘行 「100日後に死ぬワニ」“電通案件”騒動に「みんな騙されるのイヤなんだな」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

電通 案件 ワニ

しかしながら、同時に「モルカーの背後には電通がいる」という根拠を明確に述べている方がほとんどいないにも関わらず、ここまで「電通だ!」と言われていることにも若干の違和感が…。

「100日後に死ぬワニ」炎上は本当に「電通案件」ではないのか

電通 案件 ワニ

もはや電通かどうかはどうでもいいんだよね。 きくちさんが「100日後に死ぬワニ」を描き始めたのは、20歳の時に「産まれた時から一緒にいた友達が事故に遭った」ことがきっかけと明かす。

3

大炎上『100日後に死ぬワニ』に、電通過労死遺族がコメント

電通 案件 ワニ

ワニの最期や人生の過ごし方をめぐっては、直後からさまざまな解釈、考察がなされ、「何気ない日常の輝き ワニくんありがとう」といった感想が大量に寄せられた。 そして、根拠3である各種メディアミックスの発表が、何の配慮もなく100日目の配信直後に出されたことこそ、優秀なプロデューサーの不在を物語っている。 電通を「嫌い」な人が、とても多い。

14

『100日後に死ぬワニ』電通案件疑惑で炎上。作者きくちゆうき&いきものがかり水野良樹が完全否定も批判続く

電通 案件 ワニ

『100日後に死ぬワニ』は、漫画家きくちゆうき氏が2019年12月12日から自身のTwitterアカウントで1日にひとつ公開してきた4コマ漫画だ。 と、ポスターやグッズから作品を思い出して、再度好きになるキッカケになるはずです。

14