荻原 健司。 50歳荻原健司、肩書きを捨てて再出発。小さなジャンプ台で蘇ったあの感覚。

荻原健司

健司 荻原

2007: 10km個人ノーマルヒル. 一度しかない人生ですから」 荻原健司は大人になった。 それでも、ふと思うことがあるはずだ。

7

荻原 健司|アスリート・文化人・指導者|スポーツビズ

健司 荻原

メダルセレモニーではシャンパンファイトで思いっきりはしゃいだ。 でも大臣政務官に任命されている。 迷惑をかけて申し訳ございません」 と謝罪した。

19

荻原健司

健司 荻原

自由奔放に五輪を楽しむさまは当時の日本人のスポーツ観を覆すような画期的なものだった(だから一部では批判もされた)。

1

渡部暁斗は5位、97年荻原健司以来の個人戦制覇はお預け「走力と走力のガチンコ勝負だった」 リーベルが優勝(スポーツ報知)

健司 荻原

そう考えるようになっていた。 1987:• 一方同じ兄弟でありながら弟の次晴は真剣に練習に励む二人の行動が理解できなかったという。 この年には自身初の日本代表Aチーム入りも果たす。

荻原健司

健司 荻原

ただ漠然とジャンプ台に行って、調子のいいジャンプを繰り返していただけだった。 2005:• 複合個人7位、複合団体5位、複合個人スプリント5位 ノルディック複合・ワールドカップ [ ]• その後、自身が在籍した北野建設に復帰し、スキー部ゼネラルマネージャーとして五輪メダリストを輩出。

荻原健司

健司 荻原

「あのまま自分が北野建設に指導者として残って『我がチームには五輪メダリストがいる。 1992年度JOCスポーツ賞特別栄誉賞• ( )• 「でもねえ、うーん、いやあ……会社辞めるもんじゃないと思いますよ。

10

50歳荻原健司、肩書きを捨てて再出発。小さなジャンプ台で蘇ったあの感覚。

健司 荻原

その後、に転身し参議院議員などを歴任した。