民事 再生 法。 民事再生法とは

民事再生法とは

法 民事 再生

この用語に出てきたワードを用語集で調べる. 手続開始申立ての段階では、裁判所は、担保権実行としての競売手続などを中止させることができるし(同法31条)、手続開始後にあっては、担保権の設定されている財産が再生債務者の事業の継続に欠くことのできないものであるときは、再生債務者等は、裁判所に対し、当該財産の上に存在するすべての担保権を消滅させることについての許可の申立てをすることができる(同法148条1項。 事前にスポンサーの合意があれば、スムーズな処理が可能となります。 個人の民事再生 個人の借金問題を解決するための法的手段は、総称して「債務整理」と呼ばれます。

14

民事再生法

法 民事 再生

自己破産に比べると恵まれた条件で債務整理ができる反面、要件は厳しく、返済義務も残ります。

17

民事再生とは

法 民事 再生

従来のでは、原因のあることが手続開始の要件とされていたため、手遅れ感があったが、民事再生法では「破産手続開始の原因の生ずるおそれ」又は「事業の継続に著しい支障を来すことなく債務を弁済できないこと」とされ、より早い時期に手続を開始することができるようになっている。 小規模個人再生の場合は、裁判所から債権者に対して再生計画案と議決書が郵送され、書面で可否を決める、債権者の書面決議が行われます。 借金総額 最低弁済額 100万円未満 借金総額 100万円以上500万円以下 100万円 500万円超1,500万円以下 借金総額の5分の1 1,500万円超3,000万円以下 300万円 3,000万円超5,000万円未満 借金総額の10分の1 給与所得者等再生 小規模個人再生を利用できる個人のうち、給与など安定した収入があって、収入の変動幅が小さい個人は、「給与所得者等再生」手続きを利用できます。

3

「民事再生法」適用企業の追跡調査 (2000年度

法 民事 再生

(裁判所の判断により例外的に再生管財人が選任されるケースもある。 他の倒産手続でも、2000年12月に東京地裁から始まった破産手続の「少額管財手続制度」は、手続の少額化(申立費用20万円)、簡素化、迅速化を進め社会の要請に応えている。 3%(1,714社)で、約4分の1の企業が申立後に廃止となっている。

16

民事再生法

法 民事 再生

また、債権者集会の期日における可決要件は、議決権を行使することのできる再生債権者(議決権者)で出席したものの過半数であって、議決権総額の2分の1以上の議決権を有する者の賛成があれば可決される(同法172条の3第1項)、書面による決議の場合であっても、所定の回答期間内に回答した議決権者の過半数であって、議決権総額の2分の1以上の同意があるときは、可決される(同法172条の3第1項)。 民事再生のデメリットは、報道により社会的信用を失うことや、債務免除益課税がかかることなどがあげられます。 なお、「住宅資金貸付債権」についての特則を適用した個人再生を利用する場合は、住宅ローン業者に議決権がないため、要件には含まれません。

12

民事再生法・会社更生法│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券

法 民事 再生

申請から4年以降を経ても「倒産」のマイナスイメージを払拭できずに経営改善が難しい状況を示している。 官報に掲載されると、それを見た闇金からDMが届きやすくなりますが、相手にしないように気を付けましょう。

14

民事再生法とは

法 民事 再生

個人再生のデメリットは、弁護士や司法書士に相談すると、50万円前後の費用がかかること(分割払いが一般的)、官報に掲載されることなどが挙げられます。

20

「民事再生法」適用企業の追跡調査 (2000年度

法 民事 再生

一つは「小規模個人再生」、もう一つは「給与所得者等再生」です。 第二段階:申立ての受理~再生計画の提出 申立てが受理されると、裁判所は個人再生委員を選定します。 第三段階:再生計画の審査~確定・返済開始 提出した再生計画案に法律上の不備がなければ、裁判所の審査が始まります。

17